渋谷の香港華記茶餐廳に行ってきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
香港華記茶餐廳渋谷店

6月1日に渋谷にもオープンした香港華記茶餐廳ですが、ようやく都合が付いたので、ディナーを食べに行ってきました。その時の店内の様子やメニュー、食べたものなどを紹介したいと思います。


スポンサードリンク

渋谷駅から徒歩10分 香港華記茶餐廳のディナー

お店に着いたのが平日の17:30頃。早い時間のせいか、店内には男性2人客のみ。これなら写真も撮りやすいし、ゆっくりできそうでホッとしました。混んでいると店内の写真が撮りづらいですからね。

香港華記茶餐廳店内

平日の夕方ということで店内は空いていました

実はオープン初日に行ったんですが、その日は菠蘿油とミルクティーのテイクアウトのみで、店内に入るのは初めてでした。座席は24席程でしょうか。香港の茶餐廳ではありますが、やはり日本でオープンするとあってか、紙ナプキンがテーブルに置かれています。私のバッグに入っていたTempoの出番は無さそうです。

スポンサードリンク

香港華記茶餐廳のメニュー

香港華記茶餐廳のメニューは、フードメニューとドリンクメニューがひとつのクリアファイルに入っています。フードメニューは時間や種類別に分けられていて、写真と日本語表記もあるのですが、文字が小さくて分かりづらいものもあります。その場合はお店の人に聞きましょう。

香港華記茶餐廳のフードメニュー

香港華記茶餐廳のフードメニュー


香港華記茶餐廳のドリンクメニュー

香港華記茶餐廳のドリンクメニュー

フードメニューは以下のように分類されています。

  • Breakfast Menu(8:00-11:00)
  • アフタヌーンティー(15:00-17:00)
  • スナック-小食(17:00-22:00(ラストオーダー21:30))
  • 単品料理-小炒(17:00-22:00(ラストオーダー21:30))
  • ディナー-粥(17:00-22:00(ラストオーダー21:30))
  • ランチ-腸粉
  • ディナー-ご飯物(17:00-22:00(ラストオーダー21:30))
  • ディナー-粉/麺(17:00-22:00(ラストオーダー21:30))
  • ランチ-粉/麺

書いていて気付いたんですが、ランチの時間が書いてないですね。何時から何時までなんでしょう。

Breakfast Menuが書かれていますが、渋谷店では食べられません。お店の人に確認しました。8:00からオープンしていたら出勤前に寄れるのになぁ。

香港華記茶餐廳のワンタン麺などなど

メニューを見て悩むこと数分。ドリンクは店内じゃないと飲めない『爆燈奶茶(電球アイスミルクティー)430円』と決めていたのですが、食べ物が悩みました。麺にするかご飯にするか、ご飯ならどれにするか、など考えましたが、結局麺とご飯を両方頼みました。香港のワンタン麺は日本のラーメンに比べると小振りなので、イケるだろうと判断しました。

爆燈奶茶(電球アイスミルクティー)

『爆燈奶茶(電球アイスミルクティー)』は氷がグラスの外なので最後まで薄まらずに飲める

そして頼んだのが、『香港雲呑麺(香港ワンタン麺(自家製1日30食限定))950円』、『蟲草花蒸鶏飯(サナギタケの蒸し鶏ご飯)1080円』、『自家製蘿蔔糕(自家製大根餅)480円』の3品。ひとりなのに3品も頼んでしまいました。香港に行ったときは、「せっかくだから色んな種類を…」と多めに頼みますが、そんな感覚に近いですね。色んな種類を食べたいですからね。

香港雲呑麺(香港ワンタン麺)

香港雲呑麺(香港ワンタン麺)は1日30食限定

香港のワンタン麺は具が丼の底にあって、出てきたときに麺しか見えないことが多いのですが、これは日本向けにアレンジされて麺の上に具が乗っています。でも味はしっかり香港味。おいしくいただきました。

サナギタケの蒸し鶏ご飯

サナギタケの蒸し鶏ご飯は上品なワンプレートスタイルに

実はこの『蟲草花蒸鶏飯(サナギタケの蒸し鶏ご飯)』は、当初頼む予定はなかったのですが、メニューで隣にある『鼓油排骨飯(骨付き肉の煮込みご飯)980円』がこの日は無いとのことだったので、その代わりに注文しました。

サナギタケは日本では馴染みのない食材ですが、漢方薬にも使われたりします。そんなサナギタケと鶏肉、きくらげが入っていて、ご飯が進みます。ご飯は香港のパラパラしたご飯ではなく、日本のご飯でした。

大根餅

サイドメニューで頼んだ大根餅

メニューにあったらついつい頼んでしまう大根餅。つけダレはお店によって色々ありますが、ここは豆板醤でした。表面はサクサクで中はモッチリ。おいしかったです。

エッグタルトと菠蘿包も食べたかったのですが、お腹がいっぱいで食べられなかったので、テイクアウトにしました。

エッグタルトと菠蘿包

テイクアウトのエッグタルトと菠蘿包はこんな容器に入れてくれました

注文してしばらくすると、上の写真のような容器に入れて、ビニール袋に包んで持ってきてくれました。おすそ分けの赤飯なんかが入っている容器です。簡単な紙袋に入れられてくると思っていなので、これはありがたかったです。

菠蘿包は香港のものと比べると大分小振りですが、食べやすいサイズだと思いました。これにバターを挟んだ菠蘿油をオープン日にテイクアウトして食べたのですが、このサイズでも結構お腹一杯になりましたからね。エッグタルトは卵の味がしていておいしかったです。

エッグタルトは200円、菠蘿包は100円です。

まとめ

今回は定番のワンタン麺を中心に攻めましたが、次回はお粥をメインに献立を組み立てていきたいと思います。食べたいものが多いので、また悩みそうですけど。

この日は、すべての注文を一度にしたのですが、そうするとひとつの料理を食べている間に他の料理が冷めてしまうので、次回はタイミングを見て別々に注文しようと思いました。

駅から少し歩きますが、是非行ってみてください。食事の際にはドリンクにミルクティーをおすすめします。香港のミルクティーは濃くておいしいですよ。これに慣れると、日本のミルクティーは薄くて物足りなくなります。東京で香港飯が食べたいときにはおすすめのお店です。

  • 名称:香港華記茶餐廳
  • 住所:東京都涉谷区猿楽町2-13
  • 電話番号:03-6809-0849
  • 営業時間:11:30 – 23:00(ラストオーダー22:30)
  • Twitter:wahkee_japan
  • Facebookページ:wahkeejapan


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*