香港国家安全維持法可決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『香港国家安全維持法』が可決されたと複数の香港メディアが報じました。


スポンサードリンク

概要

『香港国家安全維持法』とは、Wikipediaによると正式名称を『中華人民共和国香港特別行政区国家安全維持法』といい、内容は

香港特別行政区における国家安全維持に関する法律制度と執行メカニズムを整備するための中華人民共和国の法律。(Wikipediaより)

というものです。

この法案が可決されたことにより、『一国二制度』の形骸化や、自由が失われるなどの懸念が出ています。また、アメリカのポンペオ国務長官は、中国が香港を「一国一制度」として扱っているとして、香港に認めてきた優遇措置の一部を終了させると発表したとのことです。

スポンサードリンク

所感

『香港国家安全維持法』は、明日7月1日にも施行されるのではないかと言われているそうです。明日7月1日は香港が中国に返還されてから23年になる日です。

この法案の可決によって、香港がどうなっていくのか、見守っていきたいと思います。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*