香港世論調査 日本人の好感度上昇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
香港の街並み

今月、香港大学が香港市民を対象に、香港を含む世界の16の国と地域を対象とした、好感度調査を行いました。



スポンサードリンク

日本人に対する好感度がアップ

今月、香港大学が行った16の国と地域を対象とした好感度調査によると、日本人に対する好感度が、前回2016年の11月に実施したときより7ポイント上昇して53%となり、4位になりました。

この調査の好感度の定義は、好感を持つと回答した人の割合から、反感を持つと回答した人の割合を引いたものです。

スポンサードリンク

好感度順位

16の国と地域の好感度順位は以下の通りです。(国・地域/好感度/前回調査との差)

  1. 台湾/61%/+5pt
  2. カナダ/58%/+9pt
  3. シンガポール/53%/-1pt
  4. 日本/53%/+7pt
  5. マカオ/48%/0
  6. オーストラリア/48%/+3pt
  7. イギリス/47%/+5pt
  8. ドイツ/45%/+6pt
  9. タイ/41%/+7pt
  10. マレーシア/35%/+12pt
  11. 韓国/33%/-6pt
  12. 香港/28%/0
  13. フランス/27%/+8pt
  14. アメリカ/27%/0
  15. ロシア/20%/+26pt
  16. 中国本土/1%/-7pt

まとめ

日本人の好感度が上がったというのは、うれしいですね。気になったのは、台湾の人に対する好感度が高いことですね。日本人も台湾人への好感度が高いという調査結果もあるので、台湾人の人柄の良さが表れる結果になりましたね。

そして、台湾とは真逆で最も好感度が低いのが中国本土。今年返還20周年を迎え、花火が打ち上げられる予定があったり、おめでたいような感じに見えますが、香港人からすればそうでもないのかもしれないですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*