香港エクスプレスのセールに6時間早くアクセスする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
香港エクスプレスの機体

頻繁にセールを行う香港のLCC、香港エクスプレス。そのセールは夜中の1時に始まるうえ、いざ始まってみてもなかなかアクセスできなかったりします。やっとアクセスできたと思ったら、希望の日程が売り切れてたなんてことも。そんな経験をしないで済む方法があるので紹介したいと思います。


スポンサードリンク

6時間早く予約できるUflyパス

その方法とは「Uflyパス」に申し込むことです。UflyパスとはVIPサービスみたいなもので、セールを6時間早く優先予約できたり、会員限定のセールや追加サービスの申し込みが可能になります。

一番の目玉特典は、やっぱり優先予約だと思います。通常、夜中の1時に開始するところを、6時間早く、つまり19時に予約できるのは大きいです。その特典がHKD388(日本円で約6000円)で手に入るのはお得だと思います(Uflyパスは現在、通常価格HKD888のところを、特別価格HKD388で提供中)。

私の経験上、1時開始だとアクセスできないことも多々ありますが、1時前だとすんなりアクセスできます。ただ、のんびりしてると希望の日程の座席が埋まってしまうこともあるので、優先予約といえども最安値を見つけたらすぐに予約した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

Uflyパスの申し込み方法

ここからはUflyパスの申し込み方法を説明します。航空券の予約に比べれば簡単ですのでご安心ください。

1.サイトにアクセスする

Uflyパスのサイトにアクセスします。

Uflyパストップページ

Uflyパスのサイトにアクセスします

ページ中ほどにある「今すぐ申込む」ボタンをクリックします。

「今すぐ申込む」

「今すぐ申込む」ボタンをクリックします

2.登録情報とクレジットカード情報を入力する

名前、生年月日、電話番号、メールアドレス、ログイン時のパスワードを入力します。敬称と生年月日、電話番号の国番号は、入力欄をクリックすると候補が表示されますので、その中から選択してください。

名前はパスポートに記載の通り、アルファベットで入力してください。左の欄が下の名前で右の欄が苗字ですので、お間違えなく。

メールアドレス欄には普段から使っているアドレスを入力してください。登録完了時にメールが届くためです。

パスワード欄には、ログイン時に使用するパスワードを入力します。入力したパスワードを忘れないようにしましょう。

お客様の情報を入力

登録者情報を入力します

次はクレジットカード情報の入力になります。使用できるクレジットカードは、VISAとマスターカードのみです。CVV/CVV2番号とは、クレジットカードの署名欄などに記載されている3ケタの数字です。

クレジットカード情報の入力

クレジットカード情報を入力します

VISAとマスターカードのロゴマークの下に「メンバーシップ条件と香港エクスプレスのプライバシーポリシーに同意します。」と書かれています。「条件」と「プライバシーポリシー」の文字色が紫になっているので、そこをクリックします。するとメンバーシップの条件やプライバシーポリシーが表示されるので、それぞれの内容を確認してから左側の四角をクリックしてチェックを入れ、「購入する」ボタンをクリックすれば完了です。

プライバシーポリシーに同意

プライバシーポリシーに同意したら購入します

3.メールを確認する

登録時に入力したメールアドレス宛てにメールが届きますので、確認してください。User ID Number、Ufly-Pass Holder、Sign-up Referenceが書かれています。Ufly-Pass Holderの自分の名前が正しいか確認しましょう。User ID NumberとSign-up Referenceは忘れないようにしてください。User ID Numberはログイン時、Sign-up Referenceは問い合わせの時などに使います。

メールに記載のUser ID Numberと、登録時に入力したパスワードを使ってログインしてみてください。無事にログインできれば完了です。おつかれさまでした。

Ufly-pass購入完了メール

購入が完了するとこのようなメールが届きます

優先予約の際の注意

優先予約をする際には、先にUflyパスにログインしてから航空券を検索してください。そうしないと優先予約の対象にならないので、注意してくださいね。

航空券の検索方法はこちらで説明しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。Uflyパスの購入自体は簡単だったと思います。これで6時間早くセールを優先予約できるようになります。有料なのが引っかかっている方もいるかもしれませんが、Uflyパスが年間6000円ほどで、セール価格だと安くて往復7000円くらい(片道180円でも諸経費を入れるとこれくらい)なので、年に2回香港に行くとすると1往復10000円ほどになるわけです。充分安いと思いませんか?何より6時間早く動き出せるので、アクセスできなくて買えなかったということもありません。

旅のスタートは航空券を予約することから始まると思うので、6時間早く優先予約をしてゆっくりとプランを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*