KKday 香港エアポートエクスプレスのチケット購入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
kkday

5月末に香港に行ってきました。空港と市内の移動にエアポートエクスプレスを使ったのですが、今回はKKdayというアプリを使ってチケットを予約したので、その使い方をお伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

KKdayの使い方

以前、同じようなアプリの『klook』を使ってチケットを購入しました。klookの使い方も別の記事で紹介しているので、読みたい方は以下からご覧ください。

Klookでエアポートエクスプレスのチケットを買う方法

まずはアプリをインストールします。ストアで「kkday」と検索してみてください。私はiPhoneを使っているので、以降はiPhoneでの説明になります。

KKdayを起動します。しばらくするとホーム画面が表示されます。上部に検索窓があるので、そこに「香港」と入力して検索します。

KKdayのロゴがしばらく表示されたあと、ホーム画面になる

KKdayのロゴがしばらく表示されたあと、ホーム画面になる

検索結果が表示されます。その中に「エアポートエクスプレス」の表示があると思うので、タップします。

エアポートエクスプレス(機場快線)チケットと書かれている項目をタップ

エアポートエクスプレス(機場快線)チケットと書かれている項目をタップ

「予約する」ボタンをタップします。

画面一番下のボタンをタップ

画面一番下のボタンをタップ

「利用日をお選びください」をタップし、カレンダーから乗車日を選択します。

エアポートエクスプレスに乗る日を選択する

エアポートエクスプレスに乗る日を選択する

カレンダーで乗車日の日付をタップ

カレンダーで乗車日の日付をタップ

「利用日」に選択した乗車日が入力されました。

乗車日が表示されている

乗車日が表示されている

次に「セットを選んでください」をタップし、必要なチケットを選択します。ここでは空港と香港駅の往復を選択してみます。

「セットを選んでください」をタップ

「セットを選んでください」をタップ

降車駅や片道か往復かを選択する

降車駅や片道か往復かを選択する

「セットを選んでください」に、今選択した内容が入力されました。

利用日とチケットの種別が入力された

利用日とチケットの種別が入力された

「予約数」で「+」をタップして乗車人数を選択し、「ログイン」ボタンをタップします。

乗車人数分「+」をタップし、『ログイン』ボタンをタップ

乗車人数分「+」をタップし、『ログイン』ボタンをタップ

ログインにはYahoo、Facebook、LINE、Googleのアカウントも使えるので、それらのアカウントでログインする場合は使用するアカウントのアイコンをタップしてください。KKdayのアカウントをお持ちの場合、「メールアドレスでログインする」をタップしてください。

ログイン方法を選択する

ログイン方法を選択する

KKdayのアカウントを持っておらず、新規登録したい方は、「~新規登録する」をタップしてください。

アカウントを新規で作成する場合は赤枠内をタップして登録したのちログインする

アカウントを新規で作成する場合は赤枠内をタップして登録したのちログインする

ログインが完了すると、予約内容の確認画面が表示されます。問題なければ「次」ボタンをタップします。

内容に問題がなければ『次』ボタンをタップ

内容に問題がなければ『次』ボタンをタップ

先程確認した内容に加え、予約者の情報が表示されます。未記入な箇所を埋め、支払い方法を選択します。私はApple Payを使用しているので、ここではApple Payで説明をします。

電話番号は必須

電話番号は必須

旅行情報では名前を入力する

旅行情報では名前を入力する

名前の入力が完了すると「完了」と表示される

名前の入力が完了すると「完了」と表示される

すべての入力を終え、内容を確認したら「お支払い」ボタンをタップします。

内容に問題がなければ「お支払い」ボタンをタップ

内容に問題がなければ「お支払い」ボタンをタップ

これでチケットの購入は完了です。すぐにメールでQRコードが送られてくると思いますが、一度ホーム画面に戻りましょう。右上の「家」のアイコンをタップします。

右上の「家」アイコンをタップ

右上の「家」アイコンをタップ

ホーム画面の下にある「予約」アイコンをタップすると予約管理ページに移動します。エアポートエクスプレスの写真の右上あたりに「ご予約完了」と表示されているかと思いますので、それをタップします。

予約管理ページからQRコードを見に行く

予約管理ページからQRコードを見に行く

次の画面でQRコードが表示されます。右下の「バウチャー」ボタンをタップすると、バウチャーが表示されます。

QRコードが表示される

QRコードが表示される

バウチャーを表示させたほうが使いやすいかも

バウチャーを表示させたほうが使いやすいかも

あとは改札でこのQRコードをかざせばOKです。

スポンサードリンク

所感

以前使ったklookも今回使ったKKdayも、チケットの購入から使用方法まで大差はないので、お好きな方を使えば良さそうです。klookは香港、KKdayは台湾の企業なので、行先によって使い分けるのもアリかもしれません。

スポンサードリンク

あわせて読みたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*