香港大学のIDケースの使用感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
香港大学のIDケース

種類豊富なグッズを展開している香港大学。先日香港に行った際に、香港大学のIDケースを購入しました。そのIDケースをパスケースとして使ってみたので、使用感などをお伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

香港大学のIDケース

今回購入したのは、「ID Lanyard」というIDケースです。このケースはそもそもパスケースじゃないような気もします。学生証や社員証を入れて、首からぶら下げて使うものかもしれませんが、パスケースとしても使えるので私はパスケースとして使っています。

私がビジターセンターで購入したのはオレンジ。本当はネイビーが欲しかったのですが、置いてなかったのでオレンジにしました。もう一色はピンクなので他に選択肢がなかったのですが。

香港大学のIDケース

男性でも何とか使える(と思う)オレンジのIDケース


スポンサードリンク

香港大学のIDケースの使用感

私は普段、PASMOを使用しています。PASMOの定期です。PASMO定期をIDケースのボタンで留められるポケットに入れています。そして、透明なポケットにはIDケースと一緒に買った「オクトパスカードステッカー」を入れています。

PASMOはボタンで留められるポケットに入れています

PASMOはボタンで留められるポケットに入れています


IDケースと一緒に買ったオクトパスカードステッカー

IDケースと一緒に買ったオクトパスカードステッカー

購入時点ではオクトパスカードステッカーをPASMOに貼って使おうと思っていたのですが、禁止されているようなのでやめました。

PASMO本体を折り曲げたり、強い衝撃を与えたり、シール等を貼らないでください。(http://www.pasmo.co.jp/use/railway/)

折り曲げたり、強い衝撃を与えたりシールなどを貼らないでください。

券売機や精算機などに詰まったり、カード破損の原因になることがあります。
また、改札機で正しく読み取れないことがあります。(http://www.pasmo.co.jp/use/term.html)

PASMOを折り曲げる、反らす、擦る、強い衝撃を与える、シールを貼る、などはしないでください。その場合、自動改札機に「タッチ」してもきちんと反応しなかったり、チャージしようとしても、正しく処理されない等のトラブルが起こるおそれがあります。(http://www.pasmo.co.jp/faq/use/use04.html)

ですので、オクトパスカードステッカーは買ったままの状態で透明ポケットに入れて使っています。PASMO定期は外から見えないポケットに入れているので、パッと見オクトパスカードステッカーを貼ったオクトパスカードの入ったIDケースになります。

パッと見オクトパスカードステッカーを貼ったオクトパスカード入りIDケース

パッと見オクトパスカードステッカーを貼ったオクトパスカード入りIDケース

香港大学のIDケースには、長いストラップが付いています。私は通勤時にバックパックを使っているので、この長いストラップを肩のベルトに結び付けています。落下防止になるので便利です。トートバッグやショルダーバッグでも結び付けられると思うので便利です。あえてデメリットをあげるなら、素材の質感でしょうか。カサカサでナイロン感がありますが、私は気にしません。

一週間程使ってみましたが、いい感じです。出し入れしやすいですし、へたれません。もちろん読み取りも問題なし。通勤時にちょっと香港気分が味わえるので、憂鬱になりがちな出勤時でも少しは気分が晴れやかになります。

香港大学グッズが買える場所

香港大学グッズは、ビジターセンターで購入できます。ビジターセンターは行き方が分からないと結構迷うこともあるかと思います。ビジターセンターへの行き方を説明した記事があるので、そちらを見ながら行けば迷うことなく辿り着けると思うので、参考にしてください。

香港大学 ビジターセンターの行き方

  • 名称:HKU Visitor Centre
  • 住所:G/F Centennial Campus, The University of Hong Kong, Pokfulam Road, Hong Kong
  • 電話番号:+852 3917 7853
  • 営業時間:
    月 – 土:9:30 – 17:00
    日:11:00 – 17:00
  • 公式サイト:visitorcentre.hku.hk


スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*