両替よりもキャッシングよりもオススメの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
両替やキャッシングよりもオススメの方法

香港旅行では度々、両替とクレジットカードのキャッシング、どちらがおトクなのか、両替ならどこでするのがベストなのか、という議論が行われますが、その答えを見つけたのでお教えしたいと思います。

私個人としては、この方法が一番トータルバランスが優れていると感じています。


スポンサードリンク

両替について

両替とは、みなさんご存じの通り、日本円を現地の香港ドルに交換することです。

両替の一番のメリットは、レートが良くて得だというところだと思います。ただし、両替する場所によります。この「場所次第」というのがデメリットでもあります。

両替は場所によってレートが異なります。日本円を香港ドルに両替する場合、同じ日本円を渡しても、場所によってもらえる香港ドルが異なるということです。例えば10,000円を両替するとして、有名なTravelexでは約605香港ドルなのが、みずほ銀行では約595香港ドルだったりするわけです(2017年10月13日現在)。両替レートが一番良いところを探して両替すれば、最も効率よく香港ドルを手に入れられるというわけです。

よく重慶大厦はレートが良いと言われますが、空港についてすぐ、現金を使わずに重慶大厦に行って両替できればいいですが、重慶大厦は九龍エリアの尖沙咀にあります。つまり、そこに行くまでに大抵の場合は現金が必要になるので、空港もしくは、日本で両替をすることになります。一番レートの良いところで両替するために、レートの悪いところで両替をするというのは、本末転倒な気がしませんか?

旅の目的が尖沙咀にあればいいですが、そうでない場合、例えば香港島をメインに散策したいときに、わざわざ両替のために重慶大厦に行くのは時間がもったいないですし、どんな交通手段で行くにせよ、そこに行くまでの費用も掛かります。

重慶大厦

重慶大厦はレートの良い両替所が多いと言われる

「一番レート良く香港ドルを手に入れる」という目的だけであれば、「その過程の費用や時間を除けば」重慶大厦で両替するのがベストという意見にも納得できますが、私にとっては面倒だったので両替という手段はベストになりませんでした。

スポンサードリンク

キャッシングについて

キャッシングとは、クレジットカードを利用して現金を借りるということです。

キャッシングのメリットは、ATMがあれば香港ドルを手に入れられることです。必要なときに必要な分だけ現地通貨を引き出せば、必要のない多額の現金を持ち歩かなくて済みます。

キャッシングのデメリットは、利息が付くということでしょう。他には、キャッシングの限度額はショッピング枠に含まれるので、ショッピングでクレジットカードの限度額いっぱいに使っていた場合、キャッシングを使えなくなってしまいます。

できるだけ利息を抑えるために、ATMで返済することも可能ですが、うっかり忘れてしまうこともありそうですし、忘れないためにスケジュール管理、タスク管理をするのも面倒です。「日本に帰ったらすぐ返済しなきゃ…」と頭の片隅に置きながら旅行をするのも嫌です。

クレジットカード

クレジットカードはショッピングのときだけ使うようにしたい

オススメの方法とは?

ではオススメの方法は何かというと、それは「マネパカード」です。

マネパカードとは、簡単に説明すると、事前に両替した香港ドルを預けておいて、それを引き出せるキャッシュカードのようなものです。

簡単に手順を説明すると、

  1. マネパカードの専用口座に日本円を入金
  2. 入金した日本円を香港ドルに両替
  3. 両替した香港ドルをチャージ

こんな感じです。あとは現地のATMで引き出すだけです。

現地で引き出す前に両替する必要があるのですが、私は10,000円を679.532香港ドルのレートで両替できました。先程書いたTravelexよりも良いレートです。

マネパカードのメリットは、両替とキャッシングの良いとこ取りといった感じで、良いレートで両替した現金を、ATMで簡単に引き出せるというところです。香港には空港はもちろん、MTRにもATMがあるので、現金を引き出すのには困りません。現金が減ってきたら、MTRに乗るついでに引き出せば、わざわざ両替する必要もないので時間の節約になりますし、キャッシングのように返済のことを考える必要もないので非常に楽です。

もちろん良いレートで両替するためには、香港ドルのレートをチェックする必要がありますが、グラフを見たときに、下がっている途中であればギリギリまで様子を見て、上がってる途中だったらすぐに両替する、くらいなざっくりした感じで大丈夫かなと思います。それよりも、旅の最中、両替の度にレートをチェックして損得を考えるよりも、精神安定上も使い勝手も良いと思っています。

香港に頻繁に行く方は、レートの良いときにまとまった金額を両替しておけば、よりおトクに使えると思います。

マネパカードについてもっと詳しく知りたいという方は、以下のリンク先で書いているので、ご覧ください。

香港旅行にオススメ マネパカード

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*