改装したこだわり系レストラン半島冰室が気になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
半島冰室(ANGUS CAFE)

MTR港島線(Island Line)で、中環駅から10分ほどで行ける炮台山駅。そこからさらに歩いて5分ほどの電気道沿いにあるレストランが『半島冰室(ANGUS CAFE)』です。先月改装したという『半島冰室(ANGUS CAFE)』ですが、なかなかのこだわり系レストランぽいので調べてみました。


スポンサードリンク

『半島冰室(ANGUS CAFE)』とは?

香港経済新聞によると『半島冰室(ANGUS CAFE)』は、『翠華餐廳』でシェフとして働いていた林衍楓さんと黄敏東さんが独立し、そこに林さんの奥さんを加えた3人で2014年にオープンしました。『ANGUS CAFE』の”ANGUS”とは、林衍楓さんの英語名だそうです。「林さんのカフェ」ですね。

「真心を込め、お客さまに満足いただけるものを提供する」を理念とし、ランチのピークタイムには毎日50人近くの行列ができるほど地元民の人気も高い。週末は遠方からわざわざ来る客も多いという。(香港経済新聞)

おいしい店には人が集まりますからね。理念が味となって表れて、お客さんに伝わっているんでしょうね。

今年の5月、不動産の契約が満期を迎えるのと、隣の別のレストランが閉店するタイミングが重なって、今回の改装を決めたそうです。店舗面積や座席は元の約2倍になったとのこと。店のデザインは香港の一般的な冰室(香港の昔ながらのカフェ)よりも派手目に仕上げているらしく、外の看板は昼間でもネオンが点いていて、店内の壁は青と白のプラスチックタイルを敷き詰めており、ソファは紫色で統一、メニューにイラスト化して登場している黄さんは髪の毛を紫色にしたそうです。行ってみたいですね。

紫色の髪の毛の黄さんが描かれているメニューはポップで、『型男餐(COOL GUY SPECIAL)』や『索女餐(PRETTY GIRL SPECIAL)』『頭等餐(FIRST CLASS SPECIAL)』、『商務餐(BUSINESS CLASS SPECIAL)』といった変わったメニューもあって楽しそうです。

ポップな色使いのメニュー

ポップな色使いのメニュー


半島冰室のおもしろメニュー

少し変わった名前のメニューもあります


スポンサードリンク

『半島冰室(ANGUS CAFE)』詳細

  • 名称:半島冰室(ANGUS CAFE)
  • 住所:Shop 2, G/F, Victor Court, No. 14-28 Wang On Road,North Point
  • 電話番号:+852 2566 8030
  • 営業時間:7:00-18:00
  • 定休日:日曜
  • Facebookページ:半島冰室

まとめ

香港人は食へのこだわりが強いイメージがあって、こういうニュースを見るとやっぱり食にこだわっているんだなぁと思いました。作る方もこだわっているし、食べる方もこだわっている。だからこそ行列ができるんですよね。

炮台山には行ったことがないので、次の香港旅の際には行ってみようと思いました。行列を避けるためにランチタイムには行かないでおこうと思います。

画像引用:Facebookページ

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*